なぜか空腹時に口臭がするのはどうして?

よく食事の前などの空腹時には、口臭を感じやすくなっているといわれます。どうしてでしょうか?

飲んだり食べたりする時は、自動的に唾液が確保されることと、口呼吸ができないので、口臭は完全になくなりますが、その後において唾液が欠乏し、かつ、口の中に食べかすがあるときは口臭が発生していきます。社会的容認の範囲の口臭で悩んでいる人も非常に多いはずです。(たとえば、タバコやアルコールなど)

さらにお腹が空いて空腹状態になると、血液中にある代謝産物が影響して口臭が発生するようになります。特に朝食を抜いた場合には、昼食前にかなり臭いが発生してしまいます。緊張したときや、興奮したときは口の中が一瞬で乾いてしまいます。口の中が乾いてしまうと、唾液の分泌も止まってしまいますので、唾液の量が低下すると、口臭が発生してしまうという悪循環になります。

さらに、朝起きた直後は口の中が乾燥している上に、唾液も粘ついた状態ですので、口臭が特に強く発生します。自分でも自分の口臭に気付くほど強いはずです。

空腹時と起床時は同じく「要注意」時間です。起床時口臭は、誰にでも存在する生理的な口臭と呼ばれています。起床直後は一日のうちで最も細菌数が増えています。睡眠中は唾液分泌が抑制されるために、口腔生理機能も休眠状態になっています。

唾液が不足する睡眠中は細菌も増殖を続け、たとえ口腔内に歯科的問題がなかったとしても、莫大な数の正常な口腔内常在細菌叢が存在し、その中には嫌気性菌群も多数存在するのです。更に、少しでも、歯周的問題や一般歯科的問題がある場合は、これらの悪性の菌も増殖を繰り返すために、最悪な口臭になってしまう、という悪循環に陥ってしまうわけです。

それに加えて就寝前に歯磨きをしなかったりすると、口腔内には、色々なたんぱく質が存在するので、起床直後は、これらの菌が活動した結果、口臭が発現します。また、就寝前に歯磨き習慣のある人でも、舌磨き習慣を持つ人は、唾液自体に剥離した粘膜細胞が大量に含まれるためにこれらのたんぱく質が分解を受け起床時の口臭はきつくなります。

対策としては、歯科的問題を全て解決しておくことと、就寝前の歯磨きは必須ということになりますが、唾液の状態を良くしておく事も重要でしょう。


関連記事


ランキング


おすすめ記事