他人のニオイで気になる不快な臭いベスト3とは

「他人のニオイで気になるものベスト3」とはなんだと思いますか?考えつく不快なにおいとは・・・・

タバコ、酒、にんにく、コーヒー、加齢臭、空腹時のにおい、このほか、体臭、汗の匂い、髪のにおいなど・・ 思いつきますよね?さて正解です。他人のにおいで最も気になるのは、

口臭がトップで82%、続いて汗臭さの10%、たばこの8%です。

口臭には主に二つの種類があり、歯科系と内科系のものに分かれます。呼気性口臭に対応するためには、歯科的知識のみならず、内科的知識や、耳鼻科的知識他の医学的基礎知識や生理的知識が必須です。

口の中からの口臭の原因で大きなものは、唾液不足です。唾液が不足することで、口の中に居る細菌を洗い流せず、さらに細菌が増殖・繁殖しますので、口臭がきつくなったり、虫歯、歯周病(歯槽膿漏)になりやすくなるのです。

もしあなたが口が乾きやすかったり、潤いが足りないことを感じていたら口臭予備軍として注意しておいたほうがいいでしょう。常に水分は切らさないように心がけてください。そしてもう一つ体の中。肺からくる口臭の原因は、腸の中の悪玉菌です。

悪玉菌は、タンパク質や脂肪を分解・腐敗させ、様々な有害物質を作り出します。臭いのチェック方法として、腸内細菌を見る方法の一つに、便を見ることがあります。簡単に説明すれば、健康の為には黄色い便を維持することが肝要で、この色の便が出ているときには口臭はほとんどないと考えていいと思います。毎日、便の色をチェックする習慣をつけてみましょう。

便に色をつけているのは胆汁です。胆汁は肝臓でつくられ、一時胆のうにストックされて、十二指腸に分泌されます。腸内にビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌が多い場合は、腸内の環境が弱酸性に保たれているので、便の色は黄色に近い色になります。この物質は便の酸度によってアルカリ性なら黒ずんだ茶褐色、酸性なら黄色味を帯びたオレンジ色になります。

臭いも同じ事で、悪玉菌が多くなれば、腸内が腐敗している事になります。そうしますと、悪臭が出てきます。この二つのポイントを覚えておくといいでしょう。


関連記事


ランキング


おすすめ記事