汗の種類は2種類存在する。

汗をかくとなぜ臭うのでしょうか?汗は体表面にたくさん存在する汗腺から出てきます。2 種類の汗腺があり、エクリン腺(小汗腺)とアポクリン腺(大汗腺)です。
下の図のようになっています。

エクリン腺
全身にあり、そこから出る汗の成分は約99%水分でサラサラとしています。主に体温、皮膚の水分を調整する働きがあります。熱いときに体温を一定に保つときに汗を出して、体温を調整するのはエクリン腺からでる汗です。

エクリン腺から出る汗は塩分が多く含まれていて、細菌の繁殖が起きづらくニオイ発生防止に一役買っているのです。なので、この汗自体が臭うということはありません。ただ、スポーツをした後にシャツが汗臭くなってしまうことがあると思います。

これはエクリン腺のなかにも微量のニオイ成分が入っているからです。エクリン腺から出た汗は蒸発する力が強く、微量にあるニオイ成分はシャツに残る為、シャツ全体が汗臭くなってしまうのです。また、暖かい地域で生まれ育った人と寒い地域で生まれ育った人では汗腺の数
が違い、暖かい地域で生まれ育った人は、暑い日でも体温調節がうまく行うことが可能です。

アポクリン腺
ワキの下、へそ・性器回り、外耳道、肛門周りにあり、やや粘り気のある汗が出てきます。一般的に、体毛が密集している部分に多いのが特徴です。また、鉄分、コレステロール、アンモニア等栄養分が豊富に含まれています。また塩分が含まれておらず、栄養分たっぷりの汗は細菌が繁殖するのに最適な環境です。

アポクリン腺とエクリン腺から出る汗が混ざり、肌にいる常在菌が出した発酵臭がワキガの臭いの元になっています。アポクリン腺から出る汗は、誰でも大なり小なりニオイを発していますので、ニオイを感じるからワキガというわけではありません。

本来、アポクリン腺から発せられるニオイは、異性を引き付ける為のフェロモンの役割を持っていたといわれています。しかし、人間の生活文化が変化して、ニオイにたいして敏感な生活を送ることによってワキガ=嫌な臭いという印象が植え付けられてしまったのかもしれま
せん。また、人種によっても体臭濃度が異なり、黒人>白人>東洋人の順で濃くアポクリン腺の量も多いそうです。清潔志向の高い日本人は10人中1人くらいの割合と、ワキガの人が尐なく、体臭が濃いと忌み嫌われる要因となっているようです。
次に足のニオイの発生のメカニズムについて追って行きましょう!

足のニオイの原因

足にはワキガの原因になると言われている、アポクリン腺はありません。では、足はなぜ臭うのでしょうか?

第一の理由は、足にはニオイの素材がたくさんあるということです。足の角質層は厚く、新陳代謝や歩くたびに角質層が剥がれ落ち大量のアカになります。主な成分はタンパク質で、脂質腺から出た脂質と混じります。この混ざりあった成分を、常在菌が分解し発酵臭を出しニオイを発します。第二の理由は、足の環境です。靴下やストッキング、靴にブーツと足に覆われる物が多く、かいた汗が蒸発しづらい為、温度上昇しムレた状態です。足は 1 日にコップ 1 杯分の汗をかきます。さらにムレると、角質が崩れてニオイを強めます。

足はニオイの発しやすい部位で、1 平方センチあたり 300 個ぐらいの汗腺があります。ただ、汗腺の量は人によって個人差があり、数量は違います。そこから多量の汗が靴や靴下の中で蒸発することなく、汗の成分の重炭酸イオンが増えます。重炭酸イオンはアルカリ性で、酸を嫌う細菌には最高の環境なのです。

上記の理由をまとめると
・角質と皮脂汗が混じった物をエサとして菌が分解
・通気性が悪くムレた環境であり、体温が上昇しやすい
・菌が過ごしやすいアルカリ性である
このような理由から足はニオイの発しやすい箇所といえるのです。


関連記事


ランキング


おすすめ記事