わきがの臭いはどうやって発生するのか?

ワキガは病気ではありません。体質なのです。 汗をかけば誰だって臭いは発生します。

ただ人よりも少しだけ臭いが強いということだけなのです。

前の記事では汗の役割とエクリン腺やアポクリン腺のお話をしましたが、

どうですか?

大キライだった汗も少しは理解していただけたでしょうか。

私もそうなのですが、人は知らないものを嫌い怖がる傾向があります。

好きになってもらう必要はないのですが、少しだけ汗のことも理解していきましょう。
では、この汗が大いに関係するワキガ臭の原因についてお話ししたいと思います。

まず汗の成分ですが、エクリン腺から出るものは 99%以上が水で、それ以外は舐めて

みるとわかるように塩分が含まれています。 厳密にいうとナトリウムと塩素にわかれます。

そのほか汗には尿素やアンモニアなども含まれていますが、尿のような老廃物ではありません。

むしろ汗の成分は血漿に近いのですが、 この血漿とは、血液の中から赤血球、血小板などを除いた

液体のことを指します。

一般的にワキガ臭の原因はアポクリン線にあるといわれていますが、本当にそうでしょうか?

アポクリン腺の成分はタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、ピルゼン酸、鉄分などで、実に多様な成分が含まれています。

このアポクリン腺が特に脇の下に集中している為、そこから発生する臭いがワキガ臭とされているのです。

しかし、ここでとても大切な事実があります。

エクリン腺から出る汗もアポクリン腺から出る汗も、汗腺の中にある間は無臭なのです。

一切の臭いはありません。

大切な事なのでもう一度言います。

もともと汗には一切の臭いはありません。

つまりワキガ臭は汗腺から皮膚に分泌されたあとで、あるメカニズムによって臭いの物質が作られていくのです。
ではそのワキガ臭を作っている犯人とは・・・・・

皮膚には常にブドウ球菌などの雑菌が付いています。

これは誰の皮膚にも付いている常在菌ですが、アポクリン腺から出た汗をこのような常在菌が分解、

酸化させて脂肪酸や男性ホルモンに似た物質を作ります。

それがアポクリン腺の中の1成分であるアンモニアと混ざり、独特な臭いとなるのです。

さらに通気性の悪い脇の下にこもり、もっと強い臭いとなって拡散されます。

これがワキガ臭となるのです。


コメントは利用できません。


ランキング


おすすめ記事