臭いを抑えるための靴の選び方

足のニオイを抑える為に靴の選び方にこだわっている方はいらっしゃいます か?

先に述べたように靴が高温多湿な状態にあるとニオイの発生源であるカビを発 生させやすい状態になり、ムレてしまいます。

足の高温多湿化を防ぐためにも通気性の良い靴を履くように心がけましょう。 仕事の都合で

男性だったら安全靴や革靴

女性だったらストッキングやブーツ

を履かなければいけない職場だったりすると思いますが、そのような状況を踏 まえながらポイントを説明したいと思います。

●革靴

基本は通気性の良い靴を選ぶことです。素材は天然革靴をお勧めします。天然皮は通気性が良く汗を蒸発させることでムレを防いでくれます。

革靴製の靴は洗うことができないのでミョウバン水をスプレーし、10 円玉をい れて風通しのいいところで乾燥させるといいでしょう。

●スニーカー

同様にスニーカーはメッシュタイプの物で通気性の良い物を選び、ムレを抑えるように努めましょう。

●ブーツ

形状から汗が逃げづらく臭いもこもりがちになってしまうブーツですが、革靴 と同様合成皮革でなく本革の物を選ぶといいでしょう。ただ、合成皮革より本 革のブーツのほうが高価です・・・。

消臭効果のある中敷きを入れて、脱いだらミョウバン水のスプレーに 10 円玉、 通気性も悪いので型崩れしないように新聞紙を詰めて湿気を取るようにしまし ょう。

仕事中に靴を脱ぐことのできる方はサンダルを履いて、靴の中にニオイがこも らないように、また足にニオイが移らないようにすることが重要です。


関連記事


ランキング


おすすめ記事