医者に問題はないと言われたけど、やっぱり自分は臭う気がする…

あなたはストレスにより自分が臭うという先入観が働いていたりしませんか?

人にそう思われているのではないかと思うことが頭から離れなくなった、
そのある日突然に、自分の身の周りに臭い、というにおいを感じるようになった・・・
こんなことはありませんか?

医者ではなんともない、といわれた場合、
このようにメンタル面からくる自臭病であるときも少なくありません。

●精神的な悩みがある
●仕事が忙しい
●物事を考えすぎる傾向にある
●いつも他人にどう思われているか気になる
●人と接近して話すのが苦手
●よく眠れない、寝つきが悪い
●いつも疲労感がとれない

上記のようなことが半分以上あてはまる時には要注意です。
自臭症の可能性があります。
あまり必要以上に思い込まないことです。

まずは、自分の身体のストレスは、どの様にかかっているかを知る事です。
「いつもと同じことをしてもあまり楽しくないな。」と感じたら危険信号です。
また御飯がおいしく感じない、よく眠れない……といった症状も
注意しなくてはいけない具体的な症状ですので、見過ごさないでください。

睡眠不足は直接の原因になることもあります。
睡眠不足は腸内の細菌を整える妨げになりますので、
悪玉菌が増えることによって口臭原因になります。
健康だけでなく「心の健康」によっても引き起こされるところが
ちょっと気がつきにくいところかもしれません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事