臭わないためにサラサラな汗をかこう!

体温調節機能になっている汗は、人間にとって欠かせないもの。しかしこの汗こそ体臭に深く関わる問題でもあります。

さらりとした汗には本来においはありませんが汗が酸化したり細菌が繁殖したりすると臭いが発生します。また汗をかく機能の低下や不健康な生活習慣によって汗に臭い物質が混ざることになることもあります。

汗をかけるようにコントロールすることこそ臭い予防に欠かせない対策の一つです。

汗の種類は2つ

人間の体にはエクリン腺とアポクリン腺という汗腺があります。汗はこの二つの汗腺から出ますがその性質は大きく異なります。

●サラサラの良い汗
体のいたるところに無数にある感染がエクリン腺です。汗のほとんどはここから出ると言えます。この汗は99%が水であり塩分や尿素アンモニアなどが残りごくわずかに含まれています今回はほとんどなくさらりとしているので蒸発しやすい汗です

●においの強い汗
脇の下やおへその周りなど一部の場所にのみ存在するのがアポクリン腺です。
ここから出る汗は粘り気がありタンパク質糖質脂質アンモニアなど様々な成分を多く含んでいます。
また塩分がほとんどないため菌が繁殖しやすくワキガ臭のもとになります

更年期は汗のにおいの大敵

更年期障害の代表的な症状に「ホットフラッシュ」があります。ホットフラッシュとは、顔を中心に上半身に集中して汗をかきます。女性ホルモンの低下で汗腺機能の調節がうまくいかなくなることや自律神経の乱れによって起こります。

こうした更年期の汗はにおいが強いのが特徴。一部汗腺から集中して大量に汗が出ると濃度が濃く、蒸発しにくい汗になります。日頃から軽い運動をしたり半身浴でよく汗をかくなど、更年期の汗対策には汗腺をコントロールすることは予防につながります。

 

デオドラント剤の選び方

脇の下のにおいを抑えるデオドラント剤にはいろいろなタイプが出ています。目的によってタイプを選ぶと良いでしょう。使い方は部分的、短時間が基本。

広範囲に塗布したり長時間の使用はなるべく控え外出から戻ったら拭き取る様にします。

●拭き取りシート
急な発汗に悩まされている場合は持ち歩きですぐに使えるシートを。

●スプレータイプ、パウダータイプ
制汗作用の高いものが多いので脇の下や汗臭さを抑えたい時にオススメ

●ロールオンクリームタイプ
殺菌作用が強いものが多いのでワキガ臭の予防におすすめ。わきが臭の場合はデオドラント剤は香りが混ざらない無香性のものを。

良い汗をかいて臭いを出さない

いい汗とはほとんどが水でできたサラサラの汗のことです。血液から血球を除いた血漿(けっしょう)を汲み取って汗を作りますが減少には水分のほかに、マグネシウム・ナトリウムといったミネラルが含まれています。

こうした体にとって必要なミネラルが体外に失われるのを防ぐため完全には再吸収という働きがあります。一旦汲み取ったミネラルをもう一度結果に戻して残りの水分を汗として放出する働きです。

あまり汗をかかないと汗腺の再吸収能力が低下してベタベタした濃い汗をかく様になりにおいが発生しやすくなります。また体外にミネラルが多く出てしまうので慢性疲労などの不調を引き起こすので注意が必要です。

 

良い汗をかくための3ヵ条
一、半身浴などでゆっくり汗をかく
一、湯上りにクールダウンをする
一、ストレッチやウォーキングなどを軽い運動を心がける

 


関連記事


ランキング


おすすめ記事