口臭の原因は「口内環境」にある!

口臭の原因というのは、たいてい口の中にあります。
歯磨きを怠ると、食べかすをエサにして繁殖した細菌の塊である「歯垢」ができます。これを放置すると、その細菌が唾液に含まれているカルシウムとくっついて、歯磨きではなかなか落ちない歯石に変化していくんです。

歯垢や歯石は虫歯や・歯周病の原因でもあるので、口臭を発生しやすくさせます。この変化は約2日間と早いので、毎日のこまめな歯磨きが重要です。また、定期的に歯医者さんに行って、歯石を取り除いてもらうことも大切です。

歯磨きを怠ることは、歯石以外にも口臭を引き起こす原因をつくるのです。歯磨きを怠ると、口の中の細菌が食べかすを栄養にして酸を発生させます。これが原因となって虫歯になってしまうのです。

虫歯からは硫黄のようなにおいが発生して、進行が進むにつれて臭いがひどくなっていきます。
日ごろからまめに歯磨きをして、歯間ブラシなどでケアすることも大切です。

舌苔を取り除こう

それ以外にも口臭の原因はあります。

それは「舌苔」と呼ばれる舌の表面にある白い苔のようなものがそれです。これは、口の中の細胞だったり、新陳代謝によってはがれた上皮細胞などが舌の表面に付着したものです。多少の付着は問題ないけど、舌苔があればあるほど口臭が出やすく、臭いも増します。

歯磨きだけではなく、定期的な舌の掃除を欠かさないことをお勧めします。


コメントは利用できません。

関連記事


ランキング


おすすめ記事